体験入店で見つける 初心者が安心して働けるキャバクラ

業界初心者がキャバクラで働く際は、なるべく体験入店をさせてもらいましょう。今は多くの店がこのシステムを導入しています。お店の雰囲気をつかめば、より安心してお仕事に入れます。

体験入店とはどんなシステムなのでしょうか?

体験入店は、体入(たいにゅう)とも呼ばれます。1〜3日程度、応募したお店で実際に働くシステムのことです。働く側にとってはお店の雰囲気やお仕事内容が分かり安心です。また、店側もキャバ譲として戦力になるか、人気が集まりそうかをチェックする機会になります。
体験では、実際にテーブルについての接客やドリンク作りを行います。お給料が出るお店も多く、全額日払いがほとんどです。体験ですので全テーブルを回ることになりますが、その日のうちに指名が付く事はほぼありません。基本給×時間の金額が、頂けるお給料です。

即日体入がある店なら、知りたいことがその日で全て分かります

fyhrsthrs
店によって、面接に合格した人だけに体験させるところと、まずは体験をさせ、その後に面接をする2パターンがあります。いずれにせよ、当日はメイク・服装・髪型をしっかりとセットしてから面接に向かうと良いでしょう。
即日体入のメリットは、知りたいことがその日の内に全て分かる点です。これは、働き手だけでなく店側も同じです。実際に客の前に出たときの雰囲気をみれば、今後人気が出るかもはっきり分かります。面接以上に重視する店長も多いです。

チェックしたいポイント・チェックされているポイント

チェックポイントは、同僚のキャバ嬢

時給やお店の特徴は、求人サイトでも詳しく知ることができます。一歩同僚となるほかのスタッフについては、ほぼ知ることができません。体験だからと、緊張しないよう話しかけてくれる店ならば、今後も楽しくやれそうと好印象になります。一緒にテーブルについても会話がないといいたギスギス感がある場合、ノルマや指名争いが激しいお店の可能性があります。

チェックされているポイントは、視野の広さ

お店側も、人気嬢になれるかどうかの見定めを行っています。容姿やトークのテクニック以上にチェックされているのは、視野の広さです。キャバクラはお酒を飲みながら客の話を聞くだけではありません。複数のテーブルで同時進行している客とのやりとりを把握しながら、スタッフにサインを送って指示する必要があります。
一人の客にかかりきってしまい、他のテーブルでお客様を待たせたといったトラブルがあっては、人気嬢にはなれません。常に視野をひろく、俯瞰して考えられるかどうかは、お店にとって最も知りたいポイントです。

実際に働いてみた結果、どうしても辞退したくなった場合は、なるべく早く伝えましょう

  • ・仕事内容に不安を感じた
  • ・親に猛反対された
  • ・学業などとの両立ができない

fdsteea
などの理由で、応募を取りやめたい場合もあります。その時はなるべく早く先方に伝えましょう。お店側は継続して働ける女性を求めています。本人から「難しそう」と伝えられたら、引き留めや問い詰めはほぼありません。ただ、時間が経ってから伝えると迷惑を掛けてしまいますので、なるべくすぐに伝えてください。
理由は、取り繕わず思ったままを言ってOKです。また、自分のために時間を取らせてしまったことに対し、感謝と謝罪を必ず伝えましょう。
体験入店は、あなたが思う以上にさまざまな事が分かる機会です。せっかくキャバクラデビューを飾るのですから、実際の雰囲気を知って働く自分をイメージしましょう。
体験入店が出来る風俗求人なら【高収入ドットコム】稼げる体入速報はコチラ!http://www.kosyunyu.com/tainyu/

更新情報